スポーツ吹き矢、昇段試験対策のシナリオ。

浅間神社、今朝の百段  
    昔から、あがり症で 人前で話したり 演技をしたりの場面は少ない。

  友人の結婚式でのスピーチ 今まで 3回。  弔辞は2回。

  昇段試験に 構えた腕がブルブル震えたなんて 笑えるね。

  他人様には!        自分に自己暗示が架かるのか?

    そこで 27日の昇段試験だが・・・集中するためにシナリオを考えた。

  6Rを 物語の展開にし それに 没頭する。

  6人の大将が 丸的城の7の丸にいる 黒丸姫に会うために 4人の配下と

  作戦を練るという シナリオ。

  1の矢・・先鋒。2の矢・・次峰。3の矢・・中堅。4の矢・・副将。5の矢・・大将。

  1の矢が ⑦の上の扉を開き。2の矢が扉の傍に就く。

  3の矢は、姫の居所を探るべく 7の丸の中心により近づく。

  4の矢は 5の矢である大将を 迎えるべく 7の丸の安全を確保。

  ところが 肝心の 5の矢・・大将が心此処にあらずで 何時も 浮つく。
[PR]

by wagaya3937 | 2011-11-25 21:42  

<< 昇段試験試験日から5日、反省の日々。 解ってきたこと、身に凍みたこと。 >>