解ってきたこと、身に凍みたこと。

浅間神社、今朝の百段。

段々、散歩の話から吹矢と 足揉み体験のブログに変身(変心)してきた感じ。

13日の日曜日 フランシールの場合は・・ではないけれど

  あの歌を 聴いた時に味わった落ち込んだ気分から なかなか 抜けられませんでした。

と 云うわけで 自宅の的、通常の大きさに戻しました。 そして 矢のメンテナンス。

矢切を微妙にしてもらいましたが 試合前のメンテナンスはせずに 今日 改めて

1本づつ バリ落としをしながら吹いてみました。(1,500番の紙やすり)でバリを取る

結果 良し。
d0206909_2032615.jpg

d0206909_20331942.jpg

  自宅の靴箱の上に 家人の、設計者(家人の双子の建築士)の顰蹙をかいながら  なんとか

確保した 的台。 これこそ 苦肉の作 8,5mtを何とか保つ。 電子レンジを背中に背負い

前は 流し台が 筒を揚げるときに 微妙に 引っかかることを 意識しながら

 姿勢を保つ。

 ブルペンピッチャーのごとく 試合になると 結果を出せない?

 会場の中で感じたこと。 楽しんでいる人 只、緊張している人、成績に貪欲で強い人。

 言い訳に為るのかもしれないが 今でも 心掛けていること  自分の 狙ったところに 

 矢が行く だから 練習の時には ①、③、⑤、⑦、●の順に 矢を放つ事にこだわる。

 最近、コピーの鮮度が 悪いのか ホントは 目が相当悪くなっているのかも 知れない。

 的を見る集中力が 悪くなっているのかも

 という訳で、的の大きさ 等倍 にしました。 でも 本当は 自分の 意識、心の強さの
 
 問題だと。  

       ふんわりと 柔らかで 何のこだわりもなく澄み切った心。
[PR]

by wagaya3937 | 2011-11-14 20:15  

<< スポーツ吹き矢、昇段試験対策の... 11月に入ったというのに大汗を... >>